ホーム > 性病情報 - 一覧表示 > ■梅毒(ばいどく)

<< ■梅毒(ばいどく) >>


■病名
梅毒(ばいどく)
■症状
第1期:性器や肛門に数ミリの痛くない硬い赤いしこりが出来るが、1ヶ月で消える。第2期:全身に(特に手足に)小さな斑点が多数出て、かゆみ、発疹がおこり数年後には脳を侵し死に至る。
■治療
1〜3ヶ月の抗生物質の内服又は、ペニシリン等の抗生物質投与。
■潜伏期間
第1期:2週間〜1ヶ月、第2期:2〜3ヶ月後
病原体
梅毒トレポネ−マ(細菌)、梅毒スピロヘ−タ原虫
■一言
症状が出ないタイプもあります。専用の血液検査でわかります。



前頁]   [性病情報]   [次頁



- BoysSee -